2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

相互ブログリンク

« 快勝! | トップページ | 藤井先生の言う通り »

2011年7月24日 (日)

謎戦法に負けて悔しさ百倍

さて、さらなる最高Rを更新するぞ!
と勇んで対局に臨んだら、謎の戦法に遭遇して敗れ去りました。

一応終わってから検討したところ、42手目に向かい飛車に振り直してその後歩を突いていったのが
相手の思う壺だったというのが一点。
それから、80手目の△3八金が△3八角成なら十二分に勝負になっていたと思われます。

なんなんすかこの戦法?

面白いと思って頂けたら→をクリックしてください!

« 快勝! | トップページ | 藤井先生の言う通り »

コメント

「風車」という戦法だと思います。
↓参考URL
http://rocky-and-hopper.sakura.ne.jp/Kisho-Michelin/89563/4-89563-601-1.htm

僕も24で一度やられたことがあって、「なんだこりゃ」という感じで負けると悔しいですよね笑
意外と玉が広いのが手ごわく、受けが強い人が好む戦法なんだと思います。

ありがとうございます!
そういう戦法があるのを初めて知りました。
攻略するとしたらどうすればいいんですかねえ、これ。
1筋から雀刺しにして強引に突破するのかなあ。

本譜の様に銀冠を作って手厚く指すのも有力なのでは?
ただ、50手目代で、2筋の突破を許してしまったのが、大きかったんだと思います。
逆に角を交換して、2、3筋から攻めれば相手玉が近いので、多分戦えたのではないでしょうか。
強引に行くと、カウンターが怖いので、手厚く行きたいです。

お久しぶりです。

風車や右玉というのは受けの戦法ですが私も相手にして苦手です。

この対局に関して感じたことは
80手目というか74手目に△3八金では後手勝てない感じです。金はトドメにする駒なので、ここに打っておいてけぼりになると辛いです。ここではせめて△3八角でしょうか。

それよりもこの74手目前後で△7五歩を入れたいところでもあります。

2筋の歩を交換されたのが辛いとありますが、逆にこの瞬間がチャンスでもあって、△2八歩が効きます。本局では難しいですが、△3九角なんてのが反撃の手になることがありますね。

後手は攻めが細いので細かいですが66手目△5七歩を入れてから△3七桂成とかどうでしょうか。拠点を作りたいところです。

コツはよく分からないのですが、相手の玉が広いので、振り飛車も飛車を受けに使うなど、じっくり指して、攻めに関しては少しずつ拠点を作って圧力で押したい感じだと思います。

私が後手なら46手目に5筋に飛車を振り直して1歩交換、
その後、54金から中央を抑え、歩が入ったら、35歩~36歩の
桂取りを絡めた攻めを狙う構想で指したいです。
うまくいくか分かりませんが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 快勝! | トップページ | 藤井先生の言う通り »